最も合理的に融資を受けることができるカードローンとは

消費者が最も合理的に融資を受けることが可能なカードローンとは、それぞれが置かれた状況によって異なります。カードローンには一般的に銀行系と消費者金融系、信販会社系の3種類が存在します。銀行系カードローンは貸金業法の適用を受けないため、総量規制の対象外です。消費者金融系と信販会社系は総量規制の対象となります。そのため年収の3分の1を超過する融資を行うことができません。銀行系カードローンのメリットは総量規制の対象外なため融資額に法的な上限が存在しないことに加えて、一般的に他のカードローンと比較して金利が低い点にあります。また年収による融資額の制限を受けることがないため、無収入の専業主婦でも配偶者が一定の条件を満たしていれば融資を受けることができます。銀行系カードローンはその他のものと比較すると大きなメリットを有する一方で審査が厳格に行われます。一般的に銀行系カードローンには保証会社が存在します。融資を受けるためには銀行自体の審査の他に保証会社の審査を受けることが必要です。消費者金融系や信販会社系であれば、融資額が高額になることはないので審査の通過は比較的容易となります。

銀行系カードローンの保証会社は、消費者金融系や信販会社系のカードローン会社が務めているのが一般的です。消費者が合理的にカードローンを利用するためには金利や融資額、融資目的の他に自身の年収などの諸条件を検討することが求められます。銀行系・非銀行系を問わず即日融資を受けることができます。急いで資金が必要となるような場合には、審査通過が比較的容易な非銀行系のカードローンを活用するのが合理的です。即日 カードローン)一方多額の資金を低金利で調達したい場合には、銀行系カードローンを利用するのが合理的な方法となります。また専業主婦のように無収入の場合でも銀行系であれば融資可能な場合が存在します。いずれのカードローンを選択するのが合理的かは消費者が置かれた状況によって変化しますが、融資を受ける際には計画的な返済が可能となるよう注意することが必要です。