カードローンの種類と金利の特徴

カードローンには大きく分けて、銀行系と信販系、消費者金融系があり、最も金利が低いのは銀行系で、信販系がこれに次ぎ、消費者金融系が最も金利が高いです。銀行系のカードローンは低金利ですが審査は厳しくなっており、消費者金融系のカードローンは金利が高いですが、審査の面では最も有利です。信販系のカードローンの金利は、銀行系よりも高く消費者金融系よりも低く設定されています。銀行系のカードローンの金利は、1.8%から14.5%程度になっており、審査の結果によって適用される利率が異なります。公務員などの安定した収入が得られる職業に従事している方は、低い利率が適用されるケースが多く、収入が不安定な場合は高い利率が適用されます。銀行系のカードローンは総量規制対象外になりますので、専業主婦の方でも配偶者が安定した職業に従事している場合は、借り入れをすることが可能です。

消費者金融系のカードローンの金利は、3.0%から18.0%程度ですので、銀行系と比べると利率が高くなります。信販系も同程度の利率になりますが、同じ条件であれば消費者金融系よりも利率は低くなる傾向があります。消費者金融系も信販系も総量規制の対象になるため、借入総額は年収の3分の1が上限になります。総量規制の対象になる消費者金融系と信販系は、全く収入がない方は借り入れをすることはできず、配偶者が安定した収入がある場合でも専業主婦は借り入れをすることはできません。このように、銀行系のカードローンは低金利で総量規制対象外であるため、信販系や消費者金融系よりも有利です。ただし、審査の内容は厳しい傾向があるため、申し込んでも審査の結果によっては、カードを発行できない場合があります。銀行系のカードの審査に落ちた場合でも、信販系や消費者金融系だとカードが発行できる可能性はあります。融資の実行については、大手の銀行系と消費者金融系は即日融資は可能ですが、信販系はカード発行までに時間がかかります。