FX1000通貨の取引で利益を

By: Ged Carroll

通貨という価値観ではそれぞれの通貨によって形作られる価値の事で、いつも変動しています。この通貨単位でのFX取引に際しては最低限度額が設定されています。つまり、必要な資金を用意していないと取引ができません。

しかし、レバレッジをかけると、少ない資金でも取引に参加できる仕組みとなっています。業者によって違いがありますので、最低通貨単位を確かめておく事が重要です。FX 1000通貨の取引とは、通常のFX取引での証拠金の必要額より、10分の1の金額で取引が可能になる方法です。

つまり10,000通貨で取引するよりも1000通貨で取引すると1銭あたりの損益が10分の1となりますが、FX初心者が初めてトライする場合に向いている方法です。リスクを抑えたい人にとっても安心な方法です。

例えば、少額投資をしているFX初心者が1000通貨単位取引を経験した事での興味深い意見として、リスクについての管理について注意深くなるという利点を述べています。これは、取引の単位をより細かくする事で、リスクをまず小さく管理し、余裕を持って判断が可能になるという投資側の体制を有利にできるという意見です。この方法で初心者が学ぶのは、ある程度経験を積む事によって冷静に判断できるようになる事です。

そして、その余裕が出来る背景として、資金管理のある程度の検証、データの蓄積が得られた事があります。これによりリスクを抑え、効果的な取引を主体的に行う事で、投資を資産運用として活用できる可能性が高くなります。しかも、業者によっては1000通貨単位取引を奨励、手数料を無料でしている場合もあり、これからFX取引を検討している初心者が入門するうえでもやりやすい取引方法です。

業者のサービスやキャンペーンについて、手軽に比較できるインターネットサイトもあるので、参考にしてFX取引をもっと安心して行えるように、自分に合ったサービスを検討してみる必要があります。

FX関連の金融会社を選別する基準と上場の有無

By: The Library of Congress

金融関連の会社を選ぶ時は、しばしば信用面が重視されます。思えば私たちがどこかの会社のお世話になりたいと思う時は、やはり信用できる所とお付き合いしたいものですね。当然ですが、信用できない所よりも、やはり信頼できる会社の方が安心できます。

ましてFXの場合は、それが重視される事も多々あるのです。数ヶ月前にも、ある金融会社がちょっと倒産していたようですね。ヨーロッパ圏のニュースが原因で倒産してしまったのですが、もちろんそのような事態は避けたいでしょう。一歩間違うと、金融会社に預けたお金が戻ってこなくなるからです。

ところで会社を選ぶ基準の1つは、上場の有無です。実はFXの会社の多くは、上場企業のグループ会社なのですね。例えば外為どっとコムという会社がありますが、そこはとても有名です。あるジャスダック上場企業のグループ会社なのですが、それだけに自己資本規制比率などもかなり高めですね。そうかと思えばマネーパートナーズなども、上場しています。その会社の場合は、FXの業界で一番最初に上場していたようですね。それはすごい事だと思います。

そして私たちは、大手の会社に対して安心感を覚える事も多いでしょう。大手の会社だけに、資金体力にも余裕があると考えられるからです。しかし、それが唯一の基準でもないですね。上場しているからといって、過信はしない方が良いと思います。

それ以外にも、会社の信頼度を見極める基準は色々あります。前述の自己資本規制比率などは、案外と大きなポイントになるでしょう。個人的には、その数字は200以上になっているのが望ましいです。

それと、口座の数なども大きなポイントの1つですね。具体的に何名ぐらいの方々は金融会社で口座を保有しているかも、案外見過ごすことができません。単純に上場しているか否かでFXの会社を選ぶのではなく、それらの複数の要素を考慮するのが、やはり大切だと考えます。複数の要素を兼ね備えている会社などは、やはり無難ではないでしょうか。

FXでトレードしていくため必要な精神を書きました。

By: Pietro Zanarini

こんにちは、私は30代の投資家です。今日はFXでトレードしていくために必要な精神を書いてみたいと思います。まずFXトレードで必要なものは、勝てる確率の高い場面で買い付け、利益が出たら売ってしまうことであります。もし、利益がでなかったら素早い損切りを行い、損失を最小限に押さえます。こうやって勝てるトレードを何百回、何千回繰り返していれば自ずと利益を積み重ねることができます。しかし、ほとんどの人がこれを出来ずに退場をします。

しかし、何故そうなってしまうのでしょうか?それはFX初心者がやってしまうギャンブル性の高い取引にあります。ギャンブル性の高い取引とはどういったものであるのか、競馬を例にしてここで話していきます。競馬と言うのはギャンブル性の高いものがあります。それは走る馬によってオッズがあるからです。オッズが高ければ、走る馬の信頼性は低いです。しかし、その馬が勝った時は大金を手に入れることができます。これがギャンブル性が高いということになります。

FXトレードに置き換えて考えてみると、反発の確率がとても低いところで売買を高レバレッジで仕掛けること言います。しかし、反発が低いポイントとはどんなところがあるのでしょうか? 例えば下降トレンド中の通貨を買いで入ったり、上昇トレンド中の通貨を売りで入ったりすることです。チャートで見るとみんなが売って(買って)いるのに、自分の少額資金で買って(売って)も反発の確率が低いことは一目瞭然であります。他にも経済指標発表前にポジションを積み上げて、発表があったら自分の意志とは反対に動いて大損をするパターンがあります。

最後に高すぎるレバレッジのリスクの話をしたいと思います。私はレバレッジはなるべく低いほうが良いと思います。何故なら、レバレッジをあまり高くすると為替が急激に動いた時に資金が全滅してしまうリスクがあります。資金が無くなれば以後トレードは不可能になります。それだけは避けたいからです。

規制比率に関する特長があるインヴァスト証券のFX

By: Simon Cunningham

ここ最近の方々は、FXの会社を選ぶ時に、信頼度を重視している傾向があります。なぜなら、まさかの倒産リスクがあるからです。金融関連の会社が倒産するリスクは、決してゼロではありません。実際に半年くらい前に、ある有名な会社が倒産をしているのです。その理由は、スイスに関わるショックですね。非常に大きな動きが発生していたのですが、それで多くの方々に追証が発生してしまいました。その資金を回収する事ができずに、残念ながら潰れてしまったようです。

ちなみに倒産をしなかった会社も幾つか見られますが、あのショックでダメージを受けた所も散見されます。今なおそのダメージを引きずっている会社も、いくつか存在するのですね。そのような事があるので、やはり会社が倒産する可能性は、ゼロではないのです。起こり得るものなのですね。

ではどうすれば倒産しづらい会社を選ぶことができるかと申しますと、自己資本規制比率に着目してみる方法があります。車を比率は、基本的には高い方が有利なのですね。1つの目安としては、200を上回っているか否かです。150%は少々微妙なラインですので、無難を期して200%以上の会社を選ぶようにすると良いでしょう。そして、もちろんその資本比率が高めな会社と、そうでない会社が見られます。具体的に申し上げれば、インヴァスト証券などは良いと思います。

現時点では、あの会社の資本比率は1000%を上回っている状況なのですね。他の会社と比べると、遥かに高い数字になります。まして前述の200を大きく上回っている数字なのですから、やはりその会社はある程度信頼できると考えられるでしょう。前述のようなスイスのショックが発生しても、倒産する確率などは比較的低いと考えられます。

ちなみにインヴァスト証券の場合は、独自の自動的なシステムもあります。そのノウハウもかなり豊富な会社なので、あそこで口座を作ってみるのが悪くない選択肢の1つだと思いますね。