GMOクリック証券の特長とメジャー外貨のコスト

By: Images Money

私たちが専門会社のサービスを利用するとなると、手数料などは大切です。もちろん、それはできるだけ節約をしたいものですね。手数料が100円かかるよりは、30円や20円などの方が嬉しいものだからです。それは金融関連の会社も同じです。投資商品などで売買をしようと思うならば、やはり手数料は軽視できないポイントといえるでしょう。

特にメジャーな外貨を用いて売買をしたいと考えるなら、やはり手数料は大切なポイントと言えます。それらの外貨の場合、いわゆる短期的な売買が行われる傾向があります。あまり長期的な売買を行われるタイプの外貨ではないので、その分売買の回数も多くなりがちなのですね。

そして回数が多くなれば、もちろんコストは軽視できないものなのです。1回あたりの手数料が30円などでも、数百回や数千回などという売買をすれば、1万円以上の手数料になってしまうでしょう。ですのでメジャー長いかでFXの売買を希望するなら、やはり手数料がリーズナブルな所を選びたいものですね。

具体的にどの会社ならばそれがリーズナブルかと申しますと、GMOクリック証券などは良いのではないでしょうか。その会社の場合、メジャーな外貨の手数料は、軒並み低めになっているのです。

例えば米ドルですね。現時点ではその外貨の手数料は、0.3という状況になります。他の会社と比較しても、かなり低めな水準ですね。またユーロ関連の外貨なども、軒並み低めな傾向があります。

そうかと思えば、実はメジャーなオセアニア外貨なども手数料がかなり低めになっているのですね。現在のGMOクリック証券では、オーストラリアの外貨で売買をする時の手数料は、0.7前後になります。その数字も、他の金融会社に比べれば相当低い方なのですね。

このように必要コストがかなり低めな水準になっているのが、GMOクリック証券の特徴の1つです。メジャーな外貨で積極的な売買をしようと思うなら、その会社で口座を作ってみると良いでしょう。