FX1000通貨の取引で利益を

By: Ged Carroll

通貨という価値観ではそれぞれの通貨によって形作られる価値の事で、いつも変動しています。この通貨単位でのFX取引に際しては最低限度額が設定されています。つまり、必要な資金を用意していないと取引ができません。

しかし、レバレッジをかけると、少ない資金でも取引に参加できる仕組みとなっています。業者によって違いがありますので、最低通貨単位を確かめておく事が重要です。FX 1000通貨の取引とは、通常のFX取引での証拠金の必要額より、10分の1の金額で取引が可能になる方法です。

つまり10,000通貨で取引するよりも1000通貨で取引すると1銭あたりの損益が10分の1となりますが、FX初心者が初めてトライする場合に向いている方法です。リスクを抑えたい人にとっても安心な方法です。

例えば、少額投資をしているFX初心者が1000通貨単位取引を経験した事での興味深い意見として、リスクについての管理について注意深くなるという利点を述べています。これは、取引の単位をより細かくする事で、リスクをまず小さく管理し、余裕を持って判断が可能になるという投資側の体制を有利にできるという意見です。この方法で初心者が学ぶのは、ある程度経験を積む事によって冷静に判断できるようになる事です。

そして、その余裕が出来る背景として、資金管理のある程度の検証、データの蓄積が得られた事があります。これによりリスクを抑え、効果的な取引を主体的に行う事で、投資を資産運用として活用できる可能性が高くなります。しかも、業者によっては1000通貨単位取引を奨励、手数料を無料でしている場合もあり、これからFX取引を検討している初心者が入門するうえでもやりやすい取引方法です。

業者のサービスやキャンペーンについて、手軽に比較できるインターネットサイトもあるので、参考にしてFX取引をもっと安心して行えるように、自分に合ったサービスを検討してみる必要があります。

FX関連の金融会社を選別する基準と上場の有無

By: The Library of Congress

金融関連の会社を選ぶ時は、しばしば信用面が重視されます。思えば私たちがどこかの会社のお世話になりたいと思う時は、やはり信用できる所とお付き合いしたいものですね。当然ですが、信用できない所よりも、やはり信頼できる会社の方が安心できます。

ましてFXの場合は、それが重視される事も多々あるのです。数ヶ月前にも、ある金融会社がちょっと倒産していたようですね。ヨーロッパ圏のニュースが原因で倒産してしまったのですが、もちろんそのような事態は避けたいでしょう。一歩間違うと、金融会社に預けたお金が戻ってこなくなるからです。

ところで会社を選ぶ基準の1つは、上場の有無です。実はFXの会社の多くは、上場企業のグループ会社なのですね。例えば外為どっとコムという会社がありますが、そこはとても有名です。あるジャスダック上場企業のグループ会社なのですが、それだけに自己資本規制比率などもかなり高めですね。そうかと思えばマネーパートナーズなども、上場しています。その会社の場合は、FXの業界で一番最初に上場していたようですね。それはすごい事だと思います。

そして私たちは、大手の会社に対して安心感を覚える事も多いでしょう。大手の会社だけに、資金体力にも余裕があると考えられるからです。しかし、それが唯一の基準でもないですね。上場しているからといって、過信はしない方が良いと思います。

それ以外にも、会社の信頼度を見極める基準は色々あります。前述の自己資本規制比率などは、案外と大きなポイントになるでしょう。個人的には、その数字は200以上になっているのが望ましいです。

それと、口座の数なども大きなポイントの1つですね。具体的に何名ぐらいの方々は金融会社で口座を保有しているかも、案外見過ごすことができません。単純に上場しているか否かでFXの会社を選ぶのではなく、それらの複数の要素を考慮するのが、やはり大切だと考えます。複数の要素を兼ね備えている会社などは、やはり無難ではないでしょうか。

FXでトレードしていくため必要な精神を書きました。

By: Pietro Zanarini

こんにちは、私は30代の投資家です。今日はFXでトレードしていくために必要な精神を書いてみたいと思います。まずFXトレードで必要なものは、勝てる確率の高い場面で買い付け、利益が出たら売ってしまうことであります。もし、利益がでなかったら素早い損切りを行い、損失を最小限に押さえます。こうやって勝てるトレードを何百回、何千回繰り返していれば自ずと利益を積み重ねることができます。しかし、ほとんどの人がこれを出来ずに退場をします。

しかし、何故そうなってしまうのでしょうか?それはFX初心者がやってしまうギャンブル性の高い取引にあります。ギャンブル性の高い取引とはどういったものであるのか、競馬を例にしてここで話していきます。競馬と言うのはギャンブル性の高いものがあります。それは走る馬によってオッズがあるからです。オッズが高ければ、走る馬の信頼性は低いです。しかし、その馬が勝った時は大金を手に入れることができます。これがギャンブル性が高いということになります。

FXトレードに置き換えて考えてみると、反発の確率がとても低いところで売買を高レバレッジで仕掛けること言います。しかし、反発が低いポイントとはどんなところがあるのでしょうか? 例えば下降トレンド中の通貨を買いで入ったり、上昇トレンド中の通貨を売りで入ったりすることです。チャートで見るとみんなが売って(買って)いるのに、自分の少額資金で買って(売って)も反発の確率が低いことは一目瞭然であります。他にも経済指標発表前にポジションを積み上げて、発表があったら自分の意志とは反対に動いて大損をするパターンがあります。

最後に高すぎるレバレッジのリスクの話をしたいと思います。私はレバレッジはなるべく低いほうが良いと思います。何故なら、レバレッジをあまり高くすると為替が急激に動いた時に資金が全滅してしまうリスクがあります。資金が無くなれば以後トレードは不可能になります。それだけは避けたいからです。

規制比率に関する特長があるインヴァスト証券のFX

By: Simon Cunningham

ここ最近の方々は、FXの会社を選ぶ時に、信頼度を重視している傾向があります。なぜなら、まさかの倒産リスクがあるからです。金融関連の会社が倒産するリスクは、決してゼロではありません。実際に半年くらい前に、ある有名な会社が倒産をしているのです。その理由は、スイスに関わるショックですね。非常に大きな動きが発生していたのですが、それで多くの方々に追証が発生してしまいました。その資金を回収する事ができずに、残念ながら潰れてしまったようです。

ちなみに倒産をしなかった会社も幾つか見られますが、あのショックでダメージを受けた所も散見されます。今なおそのダメージを引きずっている会社も、いくつか存在するのですね。そのような事があるので、やはり会社が倒産する可能性は、ゼロではないのです。起こり得るものなのですね。

ではどうすれば倒産しづらい会社を選ぶことができるかと申しますと、自己資本規制比率に着目してみる方法があります。車を比率は、基本的には高い方が有利なのですね。1つの目安としては、200を上回っているか否かです。150%は少々微妙なラインですので、無難を期して200%以上の会社を選ぶようにすると良いでしょう。そして、もちろんその資本比率が高めな会社と、そうでない会社が見られます。具体的に申し上げれば、インヴァスト証券などは良いと思います。

現時点では、あの会社の資本比率は1000%を上回っている状況なのですね。他の会社と比べると、遥かに高い数字になります。まして前述の200を大きく上回っている数字なのですから、やはりその会社はある程度信頼できると考えられるでしょう。前述のようなスイスのショックが発生しても、倒産する確率などは比較的低いと考えられます。

ちなみにインヴァスト証券の場合は、独自の自動的なシステムもあります。そのノウハウもかなり豊富な会社なので、あそこで口座を作ってみるのが悪くない選択肢の1つだと思いますね。

365のFXがある会社はクオリティーが優れている

By: David Santaolalla

外貨を用いる商品には、実は色々なタイプがあります。例えば銀行でも、実はそれを用いる商品は扱っているのですね。外貨預金などは、その代表的なものの1つです。そうかと思えば投資信託も、実は外貨が用いられている事があります。あれは主に株券での売買が行われているのですが、外貨が用いられているケースも決して珍しくないのですね。

もちろんFXも、外貨を使うのですが、実はそれもかなり多くの種類があるのです。例えばくりっく365ですね。いわゆる証券所を仲介して売買をすることになる商品ですが、それはかなり高く評価されています。

その商品の魅力は、税金が優遇される点です。そもそもこのが一家を用いる商品で売買をして、利益が発生した時などは、必ずと言って良いほど税金を納める手続きが発生するのですね。そしてくりっく365という商品は、一般バージョンのFXに比べれば、かなり税率が低めになります。ですので大きな利益が想定される時などは、365で売買をしてみると良いと思うのですが。

ところでそれは、会社を選ぶ基準の1つにもなります。金融会社のホームページを見てみると、そのくりっく365という商品が、大々的にアピールされている事があります。そのような会社は、信頼度が高いとの意見も根強いのですね。

そもそもくりっく365は、どの金融会社でも扱えるものではありません。所定の審査を受けないと、365を扱ってはいけない事になっています。という事は、365と書かれている金融会社の場合は、厳しい審査を通過していると考えられるのですね。つまりそれだけ品質が優れていると想定できる訳です。

ですので金融会社選びで迷っている時は、とりあえず365に着目してみると良いでしょう。GMOクリック証券やYJFXなどは365を扱っていますが、確かにそれらの会社のサービスのクオリティーは、優れていると思います。それらの会社で口座を作ってみるのが、一番無難だと思います。

GMOクリック証券の特長とメジャー外貨のコスト

By: Images Money

私たちが専門会社のサービスを利用するとなると、手数料などは大切です。もちろん、それはできるだけ節約をしたいものですね。手数料が100円かかるよりは、30円や20円などの方が嬉しいものだからです。それは金融関連の会社も同じです。投資商品などで売買をしようと思うならば、やはり手数料は軽視できないポイントといえるでしょう。

特にメジャーな外貨を用いて売買をしたいと考えるなら、やはり手数料は大切なポイントと言えます。それらの外貨の場合、いわゆる短期的な売買が行われる傾向があります。あまり長期的な売買を行われるタイプの外貨ではないので、その分売買の回数も多くなりがちなのですね。

そして回数が多くなれば、もちろんコストは軽視できないものなのです。1回あたりの手数料が30円などでも、数百回や数千回などという売買をすれば、1万円以上の手数料になってしまうでしょう。ですのでメジャー長いかでFXの売買を希望するなら、やはり手数料がリーズナブルな所を選びたいものですね。

具体的にどの会社ならばそれがリーズナブルかと申しますと、GMOクリック証券などは良いのではないでしょうか。その会社の場合、メジャーな外貨の手数料は、軒並み低めになっているのです。

例えば米ドルですね。現時点ではその外貨の手数料は、0.3という状況になります。他の会社と比較しても、かなり低めな水準ですね。またユーロ関連の外貨なども、軒並み低めな傾向があります。

そうかと思えば、実はメジャーなオセアニア外貨なども手数料がかなり低めになっているのですね。現在のGMOクリック証券では、オーストラリアの外貨で売買をする時の手数料は、0.7前後になります。その数字も、他の金融会社に比べれば相当低い方なのですね。

このように必要コストがかなり低めな水準になっているのが、GMOクリック証券の特徴の1つです。メジャーな外貨で積極的な売買をしようと思うなら、その会社で口座を作ってみると良いでしょう。

とても速やかにFXの注文を出す事ができるGMOクリック証券

By: kaizen.nguyễn

数あるFXの会社の1つに、GMOクリック証券があります。GMOは、非常に有名ですね。その会社は上場していますので、1度や2度はその名前を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。特にインターネット関連のサービスで有名な会社になります。ところでGMOクリック証券には、スピードに関するメリットがあるのです。その会社の場合は、非常にスピーディーな注文を行う事ができるのですね。

例えば、チャートの画面です。私たちがチャートで動きを確認していると、直ちに売買を行いたいと思う場合があります。もちろんその際には注文をする事になりますが、それがどれだけ速やかに実行できるかは、金融会社によって大きく異なっているのが実情です。

例えば私が現在口座を保有している会社の場合は、チャート上から注文をするのは不可能ですね。そうではなく、取引をする為の画面を開かなければなりません。つまり所定のリンクをクリックして、売買のための画面を開かなければならないのですね。

そして、たまにそれが不便だと感じることがあります。というのも売買をしたいと思っている時には、少々急ぐ事も多いのですね。クリックをしてから画面が開かれるまでには、多少の時間を要します。画面遷移の時間は意外と大きいので、デイトレ派の方々にとしては、それはちょっと問題ですね。

ところがGMOクリック証券の場合は、その値動きグラフに所定のボタンが設置されているのです。そのボタンをクリックもしくはタップするだけで、ワンタッチで売買をすることができるので、非常にスピーディーなのですね。少なくとも私が口座を保有している会社に比べれば、遥かに早いと思います。

思えばここ最近では、デイトレで売買をする方々も増加傾向にあるようです。ですのでデイトレ派にとっては、GMOクリック証券で口座を作るメリットは大きいと思いますね。またスピードだけでなく、その会社はスワップの金利も比較的高めになっているようです。ですので長期売買を望む方々にとっても、メリットが大きいのではないでしょうか。

満腹より腹八分の方がFXの売買に集中できるとの意見

By: Anderson Mancini

FXというものは、実は体調と大きな関係があります。あまり体調が優れていない時には、売買などは控えた方が良い事が多いのです。そして体調は、満腹度合いなどにも左右されます。あまりお腹が減っていると、体調が優れなくなる事も多いでしょう。もちろんその逆も同様なのですが。

ところで以前にある株式のトレーダーの方が、少々興味深いことを話していたのを覚えています。ちなみにその方は、かなり稼げているトレーダーのようですね。都心エリアの一等地に居住している状況だそうです。

私はそのトレーダーの話を動画で聞いたのですが、ある時に満腹度に関して話していたのです。その方の場合は、お昼ご飯はカップラーメンしか食べないようなのです。かなり稼げているトレーダーなので、さぞかし豪勢な昼食かと思いきや、相当質素な食生活なようですね。個人的にはちょっと意外でした。

しかしその方の理由を聞いて、何となく納得した記憶があります。その理由は、満腹になった時の集中度合いです。そのトレーダーの方はあえて満腹にしない訳ですが、それは売買に集中できなくなる可能性があるからです。お腹が一杯になっていると、眠気を催してしまう事も多々あるでしょう。その眠気は、あまり良くないと考えているようなのですね。眠気に伴ってチャートの画面などに集中できなくなれば、売買の成績にも影響を及ぼしかねないのだそうです。

思えば日常の業務においても、そのような事が多々ありますね。お昼ご飯を食べてからしばらくの間は、ちょっと業務に集中できない事もあるでしょう。何となく眠くなってしまっているからです。それを防止するためには、腹八分目にする事も大切だと思うのですが。

上記のトレーダーのおっしゃる事は、FXにもそのまま応用できると思います。確かにお腹が一杯になっていると、ちょっと集中しづらくなってしまいますね。つまり腹八分目を心がければ、この投資商品での利益率も上がるのではないでしょうか。案外それは軽視できないと思います。

現在FXのニュージーランドが上がっている理由と強い通貨のイメージ

By: Tom Hall

最近のニュージーランドは、ちょっと特殊な状況になっているようです。上昇をしています。上昇する事自体は、別に特殊な事ではありません。極めてよくある事です。ただその上昇の理由が、ちょっと特殊になっているのです。正直よく分からない状況なのです。

一般的に外貨の価格が上昇する際には、やはり何かの理由があるでしょう。経済状況が良くなっているので、外貨の価格が上昇する事などはよく有るものなのです。ところが最近のニュージーランドは、その理由がはっきりしません。明らかに上昇しているのですが、その理由が分からないのですね。

その状況を見て、FXのトレーダーの方々は様々な意見を発しています。ちょっとやりづらい事になっているので、多少のネガティブな意見が見られるのも事実なのですが。いずれにしても理由不明な上昇が発生している事だけは、事実です。

ちなみに私は個人的には、その外貨に対するイメージの問題ではないかと思います。というのもニュージーランドは、数ある外貨の中ではかなり金利が高めですね。少なくとも現時点での米ドルなどに比べれば、明らかにその数字が高めになっているのですが。

そのような外貨の場合は、総じて上昇していく事が多いのですね。とても強い通貨というイメージをお持ちの方々も多いのですが、何も理由が無くても順調に上昇していく事はよくあるのです。そのような状況を初めて目撃すると、やはり上記のようにやりづらくなる事もあるのでしょう。
ちなみにニュージーランドだけでなく、すぐ近くのオーストラリアも同じような現象がよく発生します。

あの外貨の場合も、本当に理由不明な状況で上昇する事が多いのです。やはり高金利なイメージによって、一部の方々がそれを買っている事が多いからだと思うのですが。もっとも上昇すると言っても、それが永久に続く訳ではありません。いつかは調整が発生しますので、それを狙ってニュージーランドでFXの売買をするのも悪くないでしょう。

実は土曜と日曜は乱高下しているFXの動き

By: Graeme Law

外貨の動きというものは、曜日と大きな関係があります。基本的に特定の曜日は、外貨は動いていない筈なのですね。土曜日や日曜日などのタイミングでは、それぞれの金融会社の公式サイトでも、レートはチカチカ点滅していないでしょう。むしろ何も起きていない状況になっているのです。

ところが一部の会社では、土曜や日曜でも外貨が動いている状況を確認できるのです。例えばJFXという会社があります。かなり独特な会社の1つなのですが、そこで口座を実際に作りますと、土曜日や日曜日でも動いている状況が分かるのですね。ですので土日の動きを確認してみたいと思うのであれば、一度はJFXで口座を作ってみると良いと思うのですが。ところで私はその業者の口座を持っているのいますが、最近ちょっと興味深いことを知りました。乱高下ですね。

外貨の動きには波があるもので、時にはかなりそれが激しくなっている事があるのです。いわゆるボラという表現が用いられる事が多いですね。ボラが大きくなっているので、かなり上下動している事になります。

そして日曜日や土曜日の場合は、その動きが激しいのですね。平日において1日あたりに動く金額が、せいぜい1円くらいになっているとしましょう。ところが土曜日や日曜日などのタイミングでは、3円くらい簡単に動く事が多いのですね。信じられないかもしれませんが、実際に上記の会社で口座を作ってみると、それを実感できるでしょう。

ですので、もしも日曜日や土曜日などで売買をする事ができれば、デイトレ派の方々にとってはチャンスの曜日なのではないでしょうか。デイトレの方々は比較的大きな動きを狙っている事も多いのですが、土曜日や日曜日は上記のような状況になっているからです。いわゆる稼ぎ時の曜日という事になります。ただし現在の日本のFXでは、もちろん土日に売買をする事はできないのです。ただ今後それができるようになれば、ちょっとその投資商品の状況を色々と変わってくるかもしれませんね。